ホーム > Blog記事一覧 > 2017 12月の記事一覧

ポケットの中のダイヤモンド(ガンガジ著)-目覚めと覚醒の読書

2017.12.26

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。「ポケットの中のダイヤモンド」という本を読みました。著者はガンガジという女性です。ガンガジで検索すると動画もたくさん出てきます。

ガンガジが師事していたパパジ(プンジャジ)も有名な覚者として知られていてパパジの動画もたくさんあります。さらにパパジはラマナ・マハルシという覚者の弟子でマハルシの本や動画もあります。

覚醒した人の本や動画が気軽に読んだり見たりできるようになってとても便利な世の中だと思います。悟りや覚醒体験というと、インドやチベットの山奥で修行をしないと出来ないようなイメージがありますが、現在では普通の人達がどんどん目覚めてきています。

ポケットの中のダイヤモンド-ガンガジ

ポケットの中のダイヤモンド―あなたの真の輝きを発見する
ポケットの中のダイヤモンド―あなたの真の輝きを発見する

さて、ポケットの中のダイヤモンドという本ですが、この手の悟りや非二元について書かれた本の中では非常に読みやすかった印象でした。

特に外国の著者によって書かれたものは、ただでさえも言葉で表現するのが難しい内容を翻訳しているので、読んでも何のことやらさっぱり意味不明ということもよくあるのです。

悟り体験、覚醒体験を望んでいる人は、そのような体験をすると悩みが消えて至福に包まれた幸せな人生が続くようなイメージを持っている人が多いようです。私も以前はそのようなイメージがありました。

しかし、実際にはそんなことはなくてむしろ苦しみや痛みの中に飛び込んでいく。もっとも恐れていたものに心を開いて受け入れる…等など。一般的に考えられている悟りのイメージとはかなり違うようです。

むしろこの社会で生きていくにはかえって生きにくくなるのではないだろうか?と思ってしまうような側面もいろいろとあります。生きていく、生活するに当たっての価値や基準が根底から覆されるわけですからそれも当然かもしれません。

それでもこの世界を探究したいと思えるか、真実に目覚めたいと思えるか。その覚悟が問われるような内容でしたが、終始優しい波動が感じられる本でした。

今この瞬間・今ここ

そしてやはりカギとなるのは「今この瞬間」。今ここでこの瞬間にただ在る、ということ。何かをしようとすることもやめて、ただ今に在る。

悟りを得ようとする行為も思考もすべて止めて、ただ今ここに在る。

ということが繰り返し書かれていました。これは悟りに関する本ではいつも出てくる言葉です。

わからないなりにも、今この瞬間に気づく、ということを繰り返しやっているとちょっと不思議な体験?もするようになりました。それはまたの機会に書いてみたいと思います。

テラヘルツ波によるヒーリング

2017.12.20

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。先日テラヘルツ鉱石なるものを頂きました。何となく「テラヘルツ」とか「テラヘルツ波」という言葉は効いたことがありましたが詳しくは知らなかったのでいろいろと調べてみました。

ちなみに「テラヘルツ波 仙台」と検索したら5年以上前に書いた自分のブログ記事が出てきました(^^)

量子医学とテラヘルツ波

テラヘルツ波を医学に活用する内容の本を以前に読んでそれをブログに書いたようですが、すっかり忘れていました(^_^;)

テラヘルツ波とは?

さて、テラヘルツ波とはどんなものなのでしょうか?

遠赤外線領域テラヘルツ波とは、テラヘルツは1秒間に1兆回振動する
振動数の単位です。

テラヘルツ波は、100ギガヘルツから100テラヘルツの振動数を有
する電磁波で、電波と光波の中間帯にあります。

この領域の電磁波は、良質の光源や信号源がなく、また水の吸収が大き
いため、利用が困難な未開拓領域とされてきました。

1950~1970年代、NASA(航空宇宙局)において「宇宙船内に
おける人間の生存条件」の研究が行われ、真空、無重力、極低温という
過酷な条件の宇宙船内で人が生存するために必要なファクターを調べま
した。

この研究において太陽光のうち波長8~15μmの赤外線が生物の生存
に欠かせないことがわかりました。

この結果、それまで赤外線と総称されていた電磁波は近赤外線と遠赤外線の2つに区分されるようになりました。

近年、テラヘルツ帯に、分子・固体中の各種振動や分子間相互作用や超伝導エネルギーギャップのような物性が存在し、特にテラヘルツ帯は、生体温度領域にもあり、宇宙誕生の謎を解く情報収集も期待されることから、世界中で研究され始めて、いろいろな分野で応用や商品開発が展開されています。

引用元:https://www.m-r-o.co.jp/index.php?page_id=141から引用

テラヘルツ波とはなんと一秒間に一兆回振動しているそうです!この振動数が生命にとってとても良いらしいのです。赤ちゃんからはテラヘルツ波がたくさん出ているという情報もありました。

赤ちゃんを抱っこすると何だか幸せな気持ちになったり、癒されたりするのはそういうことも関係しているかもしれません。

テラヘルツ鉱石

そしてそのテラヘルツ波を出している鉱石がテラヘルツ鉱石で、これを加工したネックレスやブレスレットなども販売されています。

私は肌にスリスリするタイプのものを頂きました。
こんな感じです。

すべすべして肌触りもなかなかいい感じです。
肌に触れたり持っているだけで良さそうです。

これでコリの部分をほぐしたり、さするととても気持ちよいです。
自分でいろいろ試してみようと思います(^^)

アクセス情報

アクセス情報

所在地

〒983-0833
宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目8-20B

JR東仙台駅から徒歩3分

駐車場

2台完備

休診日

日曜、第2第4木曜