ホーム > Blog記事一覧 > EFT(感情解放テクニック)の記事一覧

タッピングとエネルギーワーク

2018.09.12

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。「タッピング」というキーワードで検索して来院された40代女性クライアントさん。なかなか一般の人はタッピングと言っても何のことかわかりませんよね。

タッピング療法とは?

タッピングとは手で身体のツボなどをトントンと軽く叩くことを言います。叩くと言っても軽く優しくトントンします。

赤ちゃんと寝かしつける時に優しくトントンとしますよね?ちょうどあんな感じです。もっと優しくてもいいくらいです。

このタッピングを使って経絡のエネルギーバランスを整え心理的に良い効果を得るための療法がタッピング療法です。抑圧された感情エネルギーを解放したり、不安を落ちつけたりするのに効果的です。

タッピング療法として有名な物ではTFT(思考場療法)やEFT(感情解放テクニック)があります。複雑な診断を要するTFTのをよりシンプルにして、誰でも出来るように改良されたものがEFTで、国内でも世界的にもEFTがより普及している印象があります。

当院では2009年からEFTのセッションを行っています。

 

ヒーリングで感情エネルギーを解放する

私は心と身体は一つだと考えています。「心と身体は繋がっている」という表現がありますが、繋がっているどころか一体化しているという感じです。

心の状態が身体に出ているし、身体が変わると心も変わります。

なので、特に普通に整体の施術をしていて涙があふれてくる人も少なくありません。当院の整体(多次元操体法)は手技とヒーリングを融合して提供していますので、目に見えないエネルギー領域でも変化が起こります。

身体が変化すると心も気持ちも変化する、という体験をされる人も少なくありません。

また、心理面のセッションを希望している人でもお話を伺うとほとんどの場合身体面でも何かしらの不調を抱えていらっしゃいます。

なので、まずは初回は心理メニューを希望される方も整体(多次元操体法)のセッションを受けて頂いています。それで必要に応じてタッピングセッションも提案しています。

 

EFTセッションについて

初回は整体(多次元操体法)のセッションを受けて頂きます。それで心身の調和を取り戻していきます。自分の責任で自分の心や身体の状態を整えていく、という当院の基本スタンスをご理解頂きます。

辛いからといって、他人に代わりに全部やってもらおうと思っても、たいていの場合一時しのぎになってしまいます。それが必要な時もありますが徐々に自立して頂くことが大切です。

EFTセッションを受けられる場合でも、他力本願ではなかなか難しいです。EFTセッションも多次元操体法同様、自分の責任で行うことが大切です。

セッション時はセラピストとしてサポートしながらセッションを進めていきますが、人生の問題に対して真摯に取り組まれる場合、自分で自宅などでセルフEFTを行えるようになって頂くことも大切です。

セッションではEFTを自分で出来るようになって頂くためのサポートも行っています。

EFTセッションをご希望の方へ

2018.09.12

EFTセッション

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。時々EFTを受けたいという予約の電話を頂きます。EFTとはエモーショナル・フリーダム・テクニックの略。抑圧してきた感情のエネルギーを解放するためのセッションです。

当院はEFTセッションの専門サロンではなく、整体院として看板を上げていますがクライアントさんの中でトラウマやストレスの影響が強い人で本人が希望される場合にEFTセッションも受付しています。

当院では「私は治せません、治しません」というスタンスで整体をしていますが、それはEFTセッションを行う場合でも同様です。治してください、この苦しみを取り除いてください、という思いでセッションを受けても効果的ではありません。

ご自身の内面と向き合って頂くセッションですから人任せではうまくないのです。しっかりご自身の心と向き合う準備が出来ている方にEFTセッションのご案内をさせて頂いています。

息、食、動、想のバランス

また、整体を受けることで身体のバランスが変わると心のバランスが変わったり、エネルギーも変わったりしますので、まずはお身体のバランスを見させて頂いています。身体を観ると心の状態も現れていますから、まずはその人にとって必要なことから優先的にお伝えしています。

食生活のバランスが乱れている人も多いです。心の状態と食生活も深く関係していますので、必要に応じて食事のアドバイスもしています。

最近も、良く来られている方で頻繁に通ってもあまりに体調が思わしくないので、栄養療法を専門に行っているクリニックを紹介しました。そこで栄養指導を受けて食改善に取り組んだところめまいやふらつきが収まったと連絡を頂きました。

心療内科に通っている人の大半が栄養面に問題を抱えていると個人的には考えています。

EFTセッションは二回目以降に提案させて頂いています

初回は、その人にとって何を優先してお伝えするかということも見ていくので基本的に整体(多次元操体法)のセッションを受けて頂くことになります。中には問い合わせ時にどうしてもEFTを受けたいという方もいらっしゃいますが、そういう場合はお断りさせて頂いています。

EFTセッションはエネルギーワークであり、少なからずお互いのエネルギーの交流も生じます。なのであまりに大きな問題を抱えている方や病的な程度が強い場合にはお受けできないこともあります。

ある程度お互いのことがわかった上でお互いに最低限の信頼関係を構築できると判断できる場合のみEFTセッションを受付しています。

 

 

引き寄せの法則の活用

2018.09.11

引き寄せの法則は強力な自然法則です。

私たちが生活しているこの宇宙には「引き寄せの法則」( The law of Attraction )という強力な法則があります。
世界中の成功者たちが引き寄せの法則を意識的に活用していますが、一般的にはまだまだ知らない人がほとんどです。

「類は友を呼ぶ」「念ずれば花開く」「ご縁」「噂をすれば影が射す」などの日本語も引き寄せの法則を表したものといえるでしょう。

「 Law of Attraction 」( 引き寄せの法則 )というのは、新しい概念ではありません。
この法則は不確定性原理を含めた量子論などの基本概念ともなっているのです。

量子論をたった一言で表現すれば  意識〔 思念 〕というエネルギーが空間や物質( 観測系 )に作用し、対象である観測系が、〔 思念 〕に感応し影響を受けるということですから。

それに この法則を前提( 源 )にしてニューソート思想が組み立てられ、マーフィー博士や 「 原因と結果の法則 」を著したジェームズ・アレン 「 成功哲学 」の著者のナポレオン・ヒル博士らの方法論や思想に波及していきましたし 中村天風哲人も「 成功の実現 」第10章で、「 Law of Attraction 」( 引き寄せの法則 )について( 天風哲人の独特の巧みな言語表現で )もっとわかりやすく解説しています。

引用元:http://123tenpu.livedoor.biz/archives/50135878.html

日本でも世界中でも古くから知っている人だけが活用してきた法則ですが、最近は「ザ・シークレット」などの映画の影響もあり、広く知られるようになってきました。

THE SECRET [DVD]
ロンダ・バーン, ボブ・プロクター, ジャック・キャンフィールド, ジョン・アサラフ, ロンダ・バーン
B001BAOCXE
(ザ・シークレットはアメリカの各界の成功者たちが引き寄せの法則とその活用について語っている映画です。)

引き寄せの法則をわかりやすく一言で言えば、
「その人自身の思考が現実を創る」
ということです。
あなたの目の前の現実はあなた自身の思考が創り出しています。偶然や例外は一切ありません。

あなたが経験することはすべてあなた自身が創り出しています。
これはなかなか受け入れがたいことでもあります。
とくに現在つらい現実を目の前にしている人ほど、受け入れたくない言葉です。

しかし、自分の経験はすべて自分自身が創り出しているということを受け入れると、大きな変化が訪れます。
自分の責任で自分の現実を創っていけることになります。

引き寄せの法則と意図的創造の方法

引き寄せの法則が本当にあるかということは、自分自身でそれを経験する以外に確かめる方法はありません。
むやみに信じるだけでは新興宗教と変わりません。

私は、自分自身の転職、結婚、整体院の開業、経営にも引き寄せの法則を意識的に活用してきました。
毎日すべての瞬間にも、この法則を感じながら意識的に活用して生活しています。

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
吉田 利子
4797341904
(引き寄せの法則とその全体像についてわかりやすく解説された本です。人生創造のルールブックともいえるでしょう。)

自分の意識の波動が宇宙に放出されて、それが現象となって目の前に現れるのが引き寄せの法則です。
しかし、いくつかのルールが存在します。
それは波動が放出されてから現実化するまでにはタイムラグがあるということです。
思考の波動が強力なほど、さらにその波動を放出する時間が長いほど、実現も早まります。

思考の波動の内容が変化したり、反対の波動を放出したりすると、現実化が遅くなったり思わぬことが現実化したりします。
さらに、宇宙は善悪の区別や、イエス・ノーの区別をせずに、あなたが考えたとおりの物をあなたの目の前に差し出してくれます。

「嫌だ」「いらない」ということをたくさん考えていると、それも現実化します。
「こうなりたい!」と願う一方で「そうなれなかったら嫌だ」ということも沢山考えていたとしたら、いっぱい考えたほうが優先的に現実化します。

「健康になりたい!」「お金がほしい!」「人と仲良くしたい!」と強く願えば願うほど、それは今現在「私は病気(不健康)だ!」「私にはお金がない!」「私は人と仲が悪い!」ということを宇宙に強く波動を放出していることに他なりません。

今の現実はとりあえず置いておいて、「私は健康である」「私は豊かである」「私は人間関係が良好である」という思考で過ごすことが重要なのです。
「なりたい!」と強く願うことは「そうなれていない!」と強く願っていることと同じです。
ですから「すでにそうなっている」もしくは「そうなりつつある」というように意識的に思考していくことが大切です。

これは最初のうちは意識的にやっていく必要があります。
慣れるとだんだんできるようになります。
いつでも自分が望む状況をイメージし、すでにそうなっている気分を味わっていると、宇宙の法則により、それが自動的に叶えられます。
それが引き寄せの法則を活用した、「意図的創造の方法」です。

引き寄せの法則における感情の役割

ほとんどの人が自分の思考が現実を創っていることを知らずに生活しています。
これは交通ルールを知らずに車を運転しているようなものです。

今考えていることが将来、自分の身に降りかかってくるのです。
そう考えると、自分の思考を意識的にコントロールする必要を感じられると思います。

髪型とか化粧とか、洋服とか、食べ物とか乗る自動車などに関しては、人はいろいろ考えて選択します。
しかし、思考に関しては意識的に選択する人は少ないのです。
出来事に対して無意識的に反応して、無意識的に選択してしまっているのです。

自分の本当の望みを叶えるには思考を意識的に選択していく必要があります。
しかし、人間は一日にものすごいたくさんのことを思考します。
それを一々全部チェックすることは不可能に近いです。

もし自分の思考を一つずつ、これは適切な思考かどうか?とやっていたら、すぐに疲れてしまって、引き寄せの法則なんてどうだっていいや!となってしまうことでしょう。

そこで、引き寄せの法則では感情を重要視します。

今あなたが考えていること(思考)が、あなたが望むものを引き寄せる波動になっているときには、あなたに「いい気分」が訪れます。
もし、今あなたが考えている思考の内容が、あなたが望まないものを引き寄せる波動になっているときには、あなたには「嫌な感情」がやってきます。

感情はそれが単体で勝手に生じるものではありません。
あなたが思考した結果、あなたに何か大切なことを教えてくれるために訪れる重要なサインなのです。

これを「感情のナビゲーションシステム」と言います。

感情はどこからやってくるのか?
それはあなたの内側の深い部分からやってきます。
内側の深い部分を「内なる自己」「大いなる自己」「ハイアーセルフ」「魂」「神」と呼びかえることもできます。

実践 引き寄せの法則 感情に従って”幸せの川”を下ろう
吉田 利子
4797345187
(この本では感情に従いながら具体的に思考の波動を調整する方法が、実例入りでたくさん紹介されています。「なるほどぉ~。望みを実現するのは実はこんなに簡単なことだったんだぁ」と納得できます。)

あなたの本来の姿である「内なる自己」と波動が同調したときに、あなたは「いい気分」を感じます。
あなたの思考が、あなたの本来の姿の「内なる自己」と波動が合っていないときにはあなたは「嫌な気分」を感じます。

ですから、嫌な気分を感じたときには、それに気がついたら少しでも気分が良くなるように思考をシフトする必要があります。
嫌な気分になるようなことを考え続けていたら、引き寄せの法則により、どんどん望まないことがあなたの経験として現れることでしょう。

あなたが経験するすべてのことには、「肯定的な側面」と「否定的な側面」があります。
つらい経験も後になってみれば素晴らしい経験と感じられることもあるでしょう。

否定的な側面ばかりに意識の焦点を当てることは、あなた本来の姿ではありません。
ネガティブな感情を感じたとしたら、まさに今、そのこととに気づかせてくれるサインそのものなのです。
意識的にその現象(経験)の中に含まれる肯定的側面に意識の焦点を当てていきましょう。
このことを「味わい愛でる」と表現します。

あなたがどんな状況にいたとしても、すべての経験を味わい愛でることは可能です。
詳しくは「引き寄せの法則」を物語として解説した名著「サラとソロモン」を読んでみてくださいね。

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
Esther Hicks Jerry Hicks 加藤 三代子
493144976X
(この本は仙台やすらぎの杜整体院の患者さんにも大人気です。読んで人生が変わった人が沢山います。)

生活の中ですべてを味わい愛でることを実践していくと、実際に現実が変化していくことを感じられることでしょう。
仙台やすらぎの杜整体院の患者さんの中でも、思考を変えることで現実が変化するという体験をされる人がたくさんいます。
これは特別な人にだけ与えられた方法などではなく、生命体すべてに与えられた自然の法則なのです。

引き寄せの法則と感情のナビゲーションシステムの活用

ここまで読み進められて、どのように感じているでしょうか?
「そんな引き寄せの法則なんかあるわけがない」「私には関係ない」その様に思われるのもあなたの自由です。

引き寄せの法則は、それを知っている人にも、知らない人にも同様に公平に作用しています。
「引き寄せの法則などない」と信じる人には、「引き寄せの法則などない」と信じざるを得ないような経験が引き寄せられます。

私自身も、この法則が本当かどうか、という議論はどうでもいいのです。
「もし引き寄せの法則が本当だとすると活用しないと損だ」と思ったので、試しに意識的に実践していくと、本当だと信じざるを得ないような出来事がどんどん自分に引き寄せられてきたのです。

今でも完璧に活用できているとはいえない部分もありますが、引き寄せの法則を知らずに生活していた頃と比べると確実に人生は好転しています。 でも最初のうちは、ポジティブに考えようとしてもなかなかできませんでした。
ネガティブに思考する習慣が自分自身に染み付いてしまっていて、なかなかポジティブになれませんでした。

それでも感情を大切にして「感情というナビゲーションシステム」を無視せずに、思考をコントロールしているうちに徐々にネガティブな思考が少なくなってきました。
ネガティブな思考をする習慣をもつ、ほとんどの人がポジティブに考えることが難しく感じます。
しかし、内なる自己の波動は愛の波動ですから、ネガティブな思考を手放すと自然とポジティブな思考がわいてくるようになります。

また、現在体調が悪かったり、つらい経験をされている状況の中では、なかなかネガティブから抜け出すことも難しくなっていることもあります。 そんなときに便利なツール(道具)がEFT(感情解放テクニック)なのです。
ネガティブな思考のクセやトラウマを解放する便利な道具なのです。

仙台やすらぎの杜整体院では、引き寄せの法則の実践をベースとして、ネガティブな感情を解放し心身の調和をとり戻すEFTセッションを行なっています。
ご希望の方は2回目以降の予約時に「EFTセッションを希望」とお申し込み下さい。

EFT(感情解法テクニック)のやり方と手順-セルフヒーリング

2018.09.11

EFTセッションの手順とやり方を解説します

EFTについて興味を持たれる方はとても多いです。「カウンセリングとはどう違うの?」「ツボを軽くたたくだけで悩みが解決するなんて信じられない。」そのような質問や疑問をお持ちの方もたくさんいらっしゃることと思います。

まず最初にEFT-Japan代表ブレンダさんによるEFTの手順を解説した動画をご紹介します。実際のEFTのやり方を解説しています。

それでは次に、当院では実際にEFTセッションをどのような流れで行なうのかご紹介しましょう。

EFTセッションの手順

EFTセッションの手順と流れを解説します。

ヒアリング⇒感情スケール⇒セットアップ⇒タッピング⇒深呼吸⇒水分補給⇒感情スケール再評価

セッションは大まかに上記のような流れになっています。
それではそれぞれの内容について詳しく解説します。

EFTの手順1 ヒアリング

お悩みの状況についてお話を伺います。話したくないことは話す必要はありません。お話できる範囲で結構です。

EFTの優れた点は、苦しまなくても感情を解放できることです。

一部の心理療法などでは思い出したくないことを無理に思い出したり、つらい思いをして過去のことを振り返ったり言葉に出したりするようですが、EFTセッションではその必要はありません。

クライアントさんが安心してセッションを受けられることを最優先します。

当院のEFTセッションでは主に次の4つのポイントを意識しながらお話を伺います。

ポイント1 現在抱えている問題は?

現在問題と感じている事柄についてお話を伺います。現在のことでも過去のことでも構いません。

具体的にお話いただいたほうが効果的ですが、無理のない範囲で結構です。

ポイント2 その問題についてあなたは現在どのように感じているか?

その問題について考えたときに、今現在のあなたがどのようなネガティブな感情を抱いているのか確認します。
感情の種類は一つとは限りません。

怒り 恐怖 不安 罪悪感 失望 悲しみ 嫉妬 悔しさ・・・

いろいろな感情が混ざっているかもしれません。
現在のあなたがどのような感情を感じているのか確認します。

そしたらその中でも一番強い感情を数値化します。
(詳しくは流れ2で解説します)

ポイント3 今後あなたはどのような状況を望むのか?

その問題の解決も含めて、あなたが今後どのような状況を望むのかお聴きします。

ここで大切な点が、あなた自身がどう変化したいのか?ということです。

問題の内容に他の誰かが絡んでいる場合に、その相手が変わってくれることを望んでも効果的ではありません。

引き寄せの法則では、自分の波動を変化させることで望む現実を創造します。相手の波動を変えようとするのは難しいことですし、たいていの場合うまくいきませんから自分の波動はネガティブになり、より望ましくない現実を引き寄せてしまいます。

EFTのセッションは引き寄せの法則の理解に基づいて行なわれます。クライアントさんの状況に応じて引き寄せの法則について解説することもあります。

しかし、あまりにつらい現実に直面していて、引き寄せの法則の考えを受け入れがたい場合もあります。望ましくない現実を自分で引き寄せていると言われても、多くの場合はそんなこと認めたくもありません。

望んでいても望まなくても、意識を向けるだけで波動が同調します。そのまま関心を向け続ければ現実化します。嫌なことを考えていると嫌なことを引き寄せます。楽しいことを考えていると楽しいことが起こります。

とはいっても、頭で理解してもなかなか思考の切り替えが難しかったりしますよね。そんなときに無理なく思考と感情の波動を転換させるのに便利なツールがEFTなのです。

ポイント4 望む状況が実現したらどんな気分になるか?

望む状況が得られたときを想像してみましょう。
そのときあなたはどんな気分がするでしょうか?

元来のEFTはネガティブな感情を解放するツールでした。それはそれで素晴らしいツールなのですが、EFT-JAPANで普及しているEFTは引き寄せの法則を活用しながら、ネガティブな感情を解放し望む現実を創造するためのツールとして改良され、年々進化しています。

ポイント3とポイント4を明確にすることは、望みを引き寄せるために大切なステップなのです。

EFTの手順2 感情のスケールの評価

流れ1のポイント2で確認したネガティブな感情を10段階の数値で評価します。

例えば怒りの感情が確認できたとして、最高に激怒している感情を「10」、まったく怒っていない状態を「0」として、現在どれくらいの怒りなのかを数値で確認します。タッピング後の効果を確認するために大切なステップです。

数値化には絶対的な基準があるわけではないので、あなたの感じるままに自由に数値で表現してください。
(よくわからない場合は何となくでも結構です)

EFTの手順3 セットアップフレーズの作成

EFTセッションが上手くいくかどうかのカギを握っているのが、このセットアップです。

流れ1のヒアリングでお聴きした内容に基づいて、感情を解放し、望む状況を引き寄せるためのセットアップフレーズを作成します。

セラピストがセットアップフレーズを作成し、クライアントが復唱して唱えます。クライアントさんはセラピストが唱えるのに引き続いてオウム返しで同じように唱えていただきます。

セットアップ時には、「胸の圧痛点」をさする(揉む)、もしくは手の「空手チョップポイント」と呼ばれるポイントをタッピングしながら、セットアップフレーズという言葉を唱えます。

適切なセットアップフレーズを唱えることで、感情の解放がスムーズになります。セッションが上手くいかないときはまずはセットアップフレーズが不適切ではないか確認します。

適切なセットアップを作れるかどうかがセッション成功のカギです。

EFTの手順4 タッピング

リマインダーフレーズとよばれる感情を表現する様々な言葉を唱えながら、決められたタッピングポイント(ツボ)を順番にタッピングしていきます。

最初にネガティブなリマインダーフレーズを唱えながら、各タッピングポイントをタッピングします。ネガティブなリマインダーフレーズで2周タッピングしたら、今度はポジティブなフレーズを唱えながら2周タッピングします。

(必ず2周ずつしなければならないわけではありませんが、ネガティブとポジティブのラウンド数は同じ回数にします。)

EFTの手順5 深呼吸

タッピングが終わったら、大きく2回深呼吸します。

EFTの手順6 水分補給

深呼吸の後に十分に水分を補給します。

EFTセッションを行なうことで体内のエネルギーが変化し、脱水気味になることがありますので、必ず水分を補給しながら行ないます。

EFTの手順7 感情スケールの再評価

タッピングを行なう前と比べて、ネガティブな感情の数値がどのように変化しているか確認します。

多くの場合は感情のレベルが変化するでしょう。

ネガティブな感情がゼロになっていない場合は、新たなセットアップフレーズを作成します。

ネガティブな感情が残っている場合や、変化しない場合、別の種類の感情が出てくる場合などもあります。それらのケースに合わせてより具体的に適切なセットアップフレーズを作成します。

EFTの手順8 新しいセットアップフレーズ作成

セットアップフレーズはより具体的に作成するほうが、セッションの効果も高まります。

以降は同じ手順の繰り返しになります。ネガティブな感情がゼロになることを目標にしてセッションをくり返します。

クライエントさんが疲れない範囲で、無理しないペースで行なうことが大切です。

EFT(感情解放テクニック)とは

2018.09.11

EFTであなたの中にあるネガティブな感情を解放しましょう

EFTの紹介動画です。ぜひご覧ください。

EFTは、代替医療のテクニックの一つです。
エモーショナル・フリーダム・テクニック(Emotional Freedom Technique)、感情解放テクニックとも呼ばれています。

EFT(感情解放テクニック)は、TFT(思考場療法)創始者のロジャー・キャラハンから学んだ、アメリカ人エンジニアのゲアリー・クレイグによって開発されました。

TFT(思考場療法)も、EFTと同様にネガティブな感情を解放したり、不安、恐怖、依存症の改善に役立つ方法ですが、専門家の診断を必要としますし、専門家になるためには多額の費用と長い年月を要します。

TFT(思考場)療法入門―タッピングで不安、うつ、恐怖症を取り除く
Roger J. Callahan 穂積 由利子
4393364104
(TFTに関する本です。読んで自分で試すことも可能です。)

ゲアリー・クレイグが、TFTを簡略化し、もっと簡単で誰でも自分で気楽に活用できるように開発したのがEFTなのです。

心にタッピング EFTエネルギー療法―思いやりの言葉 やさしい指から愛を感じる
ブレンダ・E. ダランパン
4862201121
(EFT-Japan代表ブレンダさんの初期のEFTの本です。現在EFT-Japanではこの本の方法よりさらに進化した方法を薦めています。)

EFTは、東洋医学でいう気の経穴(つぼ)をタッピングして体内の記憶に伴うチャージしたエネルギーを流し整えます。タッピングとは指で軽くトントン叩くことを言います。

潜在意識(無意識)にあるトラウマ、感情的な苦痛やストレス、またそれに伴う身体的症状を解消するとされています しかし医療行為でもありませんし、魔法でもありません。
EFTの目的と手順をよく理解し、自己責任で行う必要があります。
このページではEFTについて解説します。

EFTの目的

現在体調が悪かったり、つらい経験をされている状況の中では、なかなかネガティブな思考習慣から抜け出すことも難しくなっていることもあります。

そんなときに便利なツール(道具)がEFT(感情解放テクニック)なのです。
EFTはネガティブな思考のクセやトラウマを解放する便利な道具なのです。
EFTはあくまでも道具です。道具ですから使い方が上手な人もいますし、ヘタな人もいます。
使っているうちに上手に使えるようになったり、使い方のコツを覚えるととたんに上達したりします。

私もEFTを知った頃は自分で試してみても効果がよくわかりませんでした。
しかし、EFTに関する情報が国内でも増えてきて、EFTに関する本をいろいろと読んだり、セミナーに参加するようになって、コツを覚えたら徐々にEFTの効果を感じられるようになりました。

EFTは「1回やればすべての悩みがなくなる」といった魔法ではありませんが、手順とコツを覚えて、丁寧に自分自身に活用することで、確実に悩みが解決に向かっていきます。

EFTの目的はネガティブな思考習慣を変え、引き寄せの法則という強力な宇宙の法則を活用して、あなたが本当に望む現実を創り出すことです。
私はEFTや操体法を通じて、そのお手伝いをさせていただきます。

EFTと引き寄せの法則

EFTは心理療法のTFTから派生しました。
ですからEFTもメンタルケアや心理療法的アプローチの一種としてとらえられていることが多いです。

私はEFTに関する複数書籍を読みましたが、その中でもEFT-japan代表のブレンダさんの本がお薦めです。
なぜなら、彼女はEFTを単なるエネルギー療法としての位置づけではなく、引き寄せの法則を活用して人生をダイナミックに楽しむための便利なツールとしてEFTの普及活動をされているからです。

すべての人には自然に備わっている力があり、誰にも依存することなく自らその力を発揮できることを、たくさんの人に伝えるのがブレンダさんの喜びだそうです。
そんなブレンダさんの姿勢に共感し、EFT-JAPANのセミナーを数年に渡り何度も受講してきました。

整体体験談
(EFT-JAPAN代表ブレンダさんと セラピスト育成講座にて)

EFTはネガティブな習慣や感情を解放する便利なツールです。
さらにどんどん進化しています。 EFTが完成されたツールではなく今でもどんどん進化しているというところも、操体法とも共通していて楽しいです。

EFT関連書

EFTはセルフケアのための優れたツールですから、まずはあなたご自身で試してみることをお薦めします。
EFTの手順や解説はEFT-japanの公式サイトで無料でダウンロードできます。
興味がある人はぜひともアプローチしてみて下さいね。

    • EFT-Japan
      ブレンダさんが代表を務めるEFT-Japanのサイトです。

    • EFT and ENERGY THERAPY
      本家アメリカのゲアリークレイグのEFTサイトを翻訳した情報など貴重な情報があります。

院長のEFT体験

私自身のEFTの体験談です。
私は引き寄せの法則の実践を日々心がけています。
自分の感情を大切に扱います。
嫌な気分になったときは、「感情のナビゲーションシステム」を活用し意識的に自分の思考を気持ちがホッとする方へとシフトしています。
しかし、意識的に思考を選択しようとしても、なかなかうまく行かないこともあります。
そんなときはすぐにEFTを試します。

EFTのコツはセットアップフレーズをできるだけ具体的に作ることです。
※セットアップフレーズとは、EFTを行なうときに唱える文章です。

セットアップフレーズの作成がうまくできないという人も多いようですが、慣れると簡単です。
うまく作ろうと思わずに、自分自身の心と対話しながら浮かんでくる言葉を適当につなぎ合わせます。
あまり頭で考えない方がうまくいきます。考えるのではなく感じるようにします。
そのとき感じたことを言葉にします。そうやってセットアップフレーズをつくり、リマインダーフレーズを唱えながら各ツボをトントンとタッピングしていきます。

※リマインダーフレーズとは、ツボをタッピングしながら唱える短いフレーズです。
これもまた思いつくまま、感じるままに唱えていきます。

そうやってセルフセッションを行なうと、さっきまであった感情の問題がすっきりします。
すっきりというよりも、正確に言えば「どうでもよくなる」という感じです。
記憶からなくなるわけじゃないけど、思い出そうとしても焦点が合いにくくなります。

ちょっと体もリラックスして少しぼ~っとして気持ちよくなります。
酔っ払っているわけじゃないけど、なんか力が抜けてぽわ~っとした感じになります。
自分でセッションを行なうときよりも、他人からEFTのセッションを受けたときにその感じになりやすいです。

他人からのセッションを受けたときのほうがエネルギーの変化も大きいようです。
その結果、ちょっとぽわ~っと気持ちよくなります。
(あくまでも私の個人的な感想です。)

そしてさっきまでの問題はたいていの場合、どうでもよくなります。
小さな問題や、問題が発生してから時間がたっていないことに関しては即効性を感じます。
ちょっとイライラしたり不安に感じたときにEFTを試すと、すぐにネガティブな感情を解放できます。

しかし、長年にわたる慢性的な感情の問題や、習慣に関する問題は、その問題に関する様々な具体的な出来事や記憶に対して丁寧にEFTをやり続ける必要があります。

EFTセッション 体験談

「EFTセッションを受けて、本当に良かったと思いました」
今日はありがとうございました。EFTセッションを受けてよかったです。

30年の間に凝り固まらせてしまった、黒い塊みたいなものが、ちいさく砕けて、少しずつ昇華していくのかな、みたいな感じです。

伝わらなかったらすいません。 今まで感じることができなかった、希望というか、楽になれるのかも!みたいな感じです。

精神を患った姉が、薬物療法でますます悪化したことで、精神や心に関しての治療は断固として拒絶してきましたが、やっぱり、どーしよーもないものは、どーしよーもないもんだ、と、受け入れることにしました。自分で治せないものは、誰かの手を借りてもいいんですね。

今日はセッションを受けて、本当に良かったと思いました。 帰りにブレンダさんの本を買いました。彼女も大変な経験をされて、だからこそ、こんなに愛情溢れる文章が書けるんですね。尊敬します。

私も、今までの考え方を少しずつ変えていって、本来持っている、バカがつくほど底抜けの強さと明るさを取り戻して、今費やしてる自分と向き合う時間があってよかったんだ、と思えるこれからをつくっていきたいです。

若い頃は、自然に引き寄せの法則で動いていた、と、ここ何年かの間に思い出していたので、先生にも出会えたんだと思います。 感謝です!

またそのうちお邪魔いたします! 先生もお仕事がんばってください。

長々と失礼しました。感謝を伝えたくて思わずメールしました! では、またよろしくお願いします。

浅井智美様(仮名) 33歳 宮城県多賀城市

ネガティブな気持ちがどうでもよくなってしまったのでびっくりしました。
上川名先生

先日EFTタッピングをしていただきました上山です。

母や自分、周りへのネガティブな気持ちが生きてきた中でマックスになっていて(産後うつもあったと思います)とても苦しかったのですが、タッピングをうけて母へのネガティブな気持ちがどうでもよくなってしまったのでびっくりしました。

帰ってからも数回タッピングをやり、次の日も数回したらその後はやらなくても平気でした。

EFTを過去にも何度か受けてみたいと思ったことがあったのですが、もっと早くうけてれば酷くならずにすんだと思っています。

前回は出産後の腰痛をいとも簡単に治していただき、今回はこころの不調を修正していただき驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも子育てをしていく中で、EFTをして気楽に頑張りたいと思っています。ありがとうございましたm(._.)m

上山良子様(仮名) 34歳 主婦 宮城県仙台市宮城野区

アクセス情報

アクセス情報

所在地

〒983-0833
宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目8-20B

JR東仙台駅から徒歩3分

駐車場

2台完備

休診日

日曜、第2第4木曜