ホーム > Blog記事一覧 > スピリチュアルの記事一覧

Heal 奇跡の治癒力 仙台上映会に行ってきました

2018.11.05

宮城県仙台市宮城野区のヒーリング整体、やすらぎの杜整体院の上川名です。昨日11/4(日)に仙台メディアテークにて「ヒール 奇跡の治癒力」というドキュメンタリー映画を見てきました。

この映画を知ったきっかけはFacebookで映画のページがシェアされていたことでした。内容的には心・体・魂の繋がりについてアメリカの代替医療やヒーラーのスペシャリストへのインタビューをまとめたものです。

当院で取り組んでいることとリンクしているので興味はありましたが、特に改めて見なくてもすでにわかっていることなので最初は見る予定はありませんでした。

ところで、当院では操体法をやっていますが操体法では息食動想、すなわち呼吸・飲食・体の動き(運動)・精神の自己責任行動が健康面に反映されると考えます。そして特に食の問題を抱えている場合には整体で体のバランスを整えても根本的に症状が改善しにくいのです。

そこで、食に関するアドバイスをしたり、時には分子整合栄養医学(栄養療法)に専門的に取り組まれている仙台市内の病院を紹介したりしていました。そのうちの一軒である「市川内科電力ビルクリニック」もこの映画に協賛されていました。

現在、当院に通院しながら市川内科さんで栄養療法を受けているクライアント様が何人かいらっしゃいます。そういったクライアント様からもこの映画の情報を耳にしたので、せっかくですので映画のチケットを購入することにしました。

当日、会場に行くと早めに言ったのですがかなり席が埋まっていました。午前と午後の部があり、私は午後の部に行きましたがどちらの部も定員満席だったそうです。結局映画が始まる頃にはほぼすべての座席が埋まり、遅れてきた人は座る席を探すのがなかなか大変でした。

映画の内容は、普段当院で発信している内容だったり、これまで自分が学んできたこととだいたい同じ内容でしたので再確認というか、これからもこの方向で良いのだと確信が持てました。

ヒーリング、EFT(エモーショナル・フリーダム・テクニック)、治癒、瞑想、量子力学、生きる使命、人生の意味、など等とても興味深い内容でした。

でも一般の人からすればまだまだ心と体の繋がりについて知らない人も多いでしょうし、心の在り方、思考や感情の扱い方などをもっとたくさんの人に知れ渡ると良いなぁと思います。

全国各地で上映会が行われていますので、現在慢性的な症状でお悩みの方やそのご家族、セラピストや施術家の先生にはぜひ観て頂きたい映画です。

ヒーリングと天使の導き

2018.05.11

宮城県仙台市宮城野区のヒーリング整体、やすらぎの杜整体院の上川名です。

本日来院された新規クライアント様に、なぜ来院したのか尋ねたところとても興味深い話を教えてくれました。

体調はとても良いのですが、お仕事の人間関係でいろいろとお悩みを抱えていらっしゃいました。それでドリーン・バーチューの天使カードを引いてみたら「ヒーリングをしなさい」というカードが出たのだそうです。

でもヒーリングのやり方も何もわからない。そこで次に(翌日だったかな?)カードを引くと今度は「信頼出来る人からヒーリングを受けなさい」というカードが出たのだそうです。

ヒーリングを受けたこともないし、誰が信頼出来るかもわからない中でとりあえず検索してこのサイトと出会いました。そしてトップページに書かれていた「こんな方におすすめ」という項目が全部当てはまっていたんだそうです。

  • 人間はスピリチュアルな存在であると思う
  • 身体の不調を感じている
  • もっと精神的にも満たされたい
  • 心と身体の繋がりを体感したい
  • エネルギー的にも身体的にも調和した在り方を望んでいる
  • 精神的にも肉体的にもバランスを取っていきたい
  • 体調も人生もより良くしたい
  • 他人に依存せずに自分の体調と人生を好転させたい
  • 本質的なヒーリングを受けたい
  • もっと楽に人生を生きたい
  • 本来の自分を取り戻したい

これらが全部ご自身に当てはまっていたのだそうです。信頼出来るかどうかはわからないけれど、私のプロフィール写真を見てなんとなく大丈夫そうと思って頂けたらしいです(笑)あまり人相が良いほうではないと思いますが、カメラマンの方に感謝です(^^)

そして、予約を入れようと思って5月11日がちょうど都合が良くて、でもお電話を頂いたのが数日前でしたので予約が取れるかちょっと不安に思ったところ、「511」というナンバーの車を見かけてそれできっと大丈夫と確信したのだそうです。

この週は予約が大変混み合っておりましたがちょうどその日はご希望の時間に予約が取れてご来院頂くことが出来たのでした。

後頭骨と蝶形骨に触れながら多次元ヒーリングをしていると、足の方までピリピリと何かが流れる感覚がしたそうです。

お悩みについてもこの世的・社会的な目線ではなく、魂的・宇宙的な目線からお話をさせて頂きました。何かしらヒントを得て頂けたようで「今日来て良かったです!」と喜んで頂くことが出来ました。

また直観に従って来たくなったら来て下さい(^^)

 

スピリチュアルなイベント等の「強引な勧誘」にご用心

2018.02.16

宮城県仙台市宮城野区のヒーリング整体院です。

本日知らない方からお電話を頂きました。予約の問い合わせかなと思ったら東京在住のNPO法人の方からでした。とても優しくて誠実そうな女性の声でした。イベントのお知らせのような話をされていたのですが、セッション中でしたので一度電話を切って昼休みにこちらから折り返すことにしました。

昼休みにこちらから電話をかけてまずは要件を伺うことにしました。

3月にあるスピリチュアルなイベント(?)が仙台で行われること。

●●さんという方のコンサートや、○○さんという方の講演会があること。

そのご案内も兼ねて本日か明日にお目にかかりたいとのこと。

ということでした。

そもそもなぜ当院に電話を頂いたのか、というと「うさとの服 仙台」と検索したら当院のブログ記事が出てきたので電話したそうです。

でもそこがいまいちよくわからないところなのです。

うさとの服というのは天然素材で丁寧に作られていて、全国各地の展示会を通じてしか手に入りません。当院ではセッション時のユニフォームとして普段から着用しています。うさとの服を好んで着ている人は自然志向だったり、精神的なことにも興味を持っている人が多いのは確かです。

それで、うさとの服を着ている人であればこのイベントに興味を持ってくれるのではないか?と思われたのでしょうか。そうだとしたらその思考はちょっと短絡過ぎるかなとは思いましたが、この彼女にとってはきっと直感に従っての行動だと思ってので少しお話を伺うことにしました。

イベントの当日は、私は整体院の営業日ですでにクライアント様の予約も頂いていますので参加できませんとお伝えしました。それなのに、今日これから一度会いたいと仰るのです。今日が無理なら明日でもいいので会ってもらえませんか、と。東京の方ですがちょうど今宮城県に来ているそうです。

しかし、私はそのイベントには興味がありませんし(興味以前にまだ警戒している)、うさとの服繋がりだけで見知らぬ人と会うほど暇でもお人好しでもありませんので丁重にお断りさせて頂きました。

すると、会えなくても良いのでポストにパンフレットを入れるだけでも良いですか?と聞かれました。よっぽどその活動を知って頂きたいという熱意は伝わってきましたけど、一般的な感覚としては少し違和感を覚えましたのでそれも「興味がありませんので」とお断りさせて頂きました。

電話を切った後に、ネットで調べてみるとコンサートや講演会を通じて活動をしているNPO法人だそうで、カルト教団や新興宗教扱いをした書き込みや、家族が嵌まってお金を使って困っているという相談の書き込みなどもありました。

私は新興宗教だろうと、カルト教団だろうと、その本人が満足していれば別にいいとは思います。しかし、話を聞いて自分にとって必要ではない(興味が無い)と感じたのでお断りしました。

それと、お断りした一番の理由はやはり違和感を覚えたことでした。お電話を下さった女性はとても丁寧で誠実で優しい雰囲気が伝わってくるような方でした。今やっている活動をどうしても広めたい、一人でも多くの人に知ってもらいたいという気持ちも伝わってきました。

でも、だからといっていきなり見ず知らずの人にこれから会ってもらえませんか?と切り出されたのはちょっと抵抗を感じました。それで「良いですよ」となる人はよっぽど人生に対して不安を抱えている人や、よっぽど他人に救いを求めている人なのではないかとも感じました。もしくはよっぽど他人を信じているか暇な人とか。

社会的なルールや常識を無視したスピリチュアルな活動は必ずどこかに無理が生じますし、その無理は活動している人の言動に反映されて表れるように思います。

言葉はとても丁寧で声も優しくて誠実そうな方でしたけど、伝えている内容はこちらの都合は無視して一方的な話をしていたわけで結構な「傲慢さ」や「強引さ」を感じたりもしました。それを感じた時点で自分の中での回答ははっきりしていました。

だいたい無理を感じる勧誘には何か裏があるとみてかかったほうがおかしなことに巻き込まれずにすみます。

スピリチュアルな手相「神秘十字線」

2017.10.06

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。先日たまたまネットで「神秘十字線」という手相のことを知りました。激レアな手相だということです。

ふと自分の手のひらを見てみると、なんと神秘十字線があったんです。

神秘十字線とは

神秘十字線は、知能線(親指と人差し指のつけ根の間から小指方向に伸びる線)と感情線(小指の下から人差し指方向に伸びる線)の間で十字にクロスしている線を指します。他の部位にある十字線は、神秘十字線とは異なります。多くの場合、縦線は運命線(始点に関係なく中指のつけ根の領域に向かって伸びる線)が担い、そこに短い横線がクロスしているものとなります。

https://spicomi.net/media/articles/322より

そしてこの神秘十字線があるとどんな意味があるかというと、スピリチュアルなことに関心が高い人、直観力が高い人、霊感がある人、先祖から守られている人、強運の人などに現れている手相だそうです。

だけど、せっかく神秘十字線を持っていても自分勝手な生き方をしていると消えてしまうこともあるそうです。

当院は整体とヒーリングを融合したスピリチュアルな整体を提供しています。このサイトはどちらかというとスピリチュアル色を出して書いています。

このサイトとは別に整体院のメインサイトがあります。そちらのサイトはいわゆる整体院のサイトとしてそれほどスピリチュアルなことはあまり書いていなかったのですが、先日心境の変化がありまして積極的にそういう内容についても発信していこうと思ってところだったのです。

そうしたら「スピリチュアルな整体」を求めて来院したり、目に見えない世界にも興味がある方の来院が増えました。

そんなタイミングで自分の右手の手相に神秘十字線を発見したのです。これはスピリチュアルなこと、本質的な事にこれからもどんどん取り組んでいきなさいという天からのメッセージに感じました。

手相のことは詳しくないし特別興味があるわけでもないのですが、このタイミングでこの情報を知ったということ、そのことにとても意味を感じます。

整体のこれまでの在り方とは違う魂の時代の整体。スピリチュアルな整体を提供していきます。

心と身体は繋がっていると言いますが、もっともっと密接なもので、「心は身体」であり「身体は心」であると思っています。身体に丁寧に向き合うことで心も変わっていきます。

目に見えない意識、波動、エネルギー。それらも身体と深い関連があります。そういうことについてこれかも研究して体験してシェアしていきます。

 

スピリチュアルな整体とは?

2017.03.27

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。
スピリチュアルな整体について書いてみます。

スピリチュアルのイメージ

スピリチュアルというとどんなイメージを思い浮かべますか?

オーラ、チャクラ、ヒーリング、占い、タロットカード、天使、水晶、リーディング、チャネリング、、、。

いろんなものがありますね。

私は現実逃避のためのスピリチュアルにはまったく興味がありません。しかし、この三次元世界で肉体を持ちながら社会生活を幸せに営んで行くうえで何が必要なのか?と考えたときにスピリチュアルな物の見方や知識も欠かせないと思っています。

私は整体の仕事を10数年やってきて、人間の身体のことをたくさん勉強してきました。しかし、人間を物理的な肉体面だけで捉えるだけではわからないことや、物足りない気持ちがずっとありました。

肉体的にも精神的にも魂的にも満たされた生き方。そのような生き方が真の健康にも繋がっていると考えてきました。なので心、身体、魂に関わることを学び、自分の生活の中でもいろいろと実践してきました。

そうすると自分の内側から答えが得られるようになってきました。困った時はいつもこうすればよいという答えが内側から示されるようになってきたのです。

それは、私だけが出来ることではなく、人は誰しも本来そういうものだと思っています。だけど、たくさんの情報があり何が正しくて何が間違っているのか、わかりにくくなっている現実もあります。

健康情報にしろ、スピリチュアルな情報にしろ、玉石混交しています。その中から今の自分にとって必要な情報を見つけて実践していくことはたしかに難しいかもしれません。

特に目に見えないスピリチュアルな世界のことには注意も必要です。心の弱みに付け込んでやんわりと支配されていることにも気づかれないように支配されている人達もたくさんいると感じています。

スピリチュアルな整体院

当院は普通の整体院です。でもちょっと変わった整体院です。それは身体だけを見ないことです。身体の整体もしますが、同時にその人のエネルギーも感じています。そしてエネルギーの流れが良くなるようにお手伝いをしています。

でもヒーリングと整体と分けてないのです。同時に提供しているという面ではとても珍しいかもしれません。手技でありヒーリングでもあります。手技とヒーリングが融合した施術を提供しています。

身体とスピリチュアル

スピリチュアルな感性を高めることは、身体の感性を高めることでもあります。スピリチュアルなことが書かれている本をたくさん読み、スピリチュアルなセミナーにたくさん参加したとしても単に頭でっかちになっただけです。スピリチュアルな知識が増えたに過ぎません。

それは、その人がスピリチュアルな生き方をすることとは何の関係もありません。自分自身と深く向き合う中で、いろいろなことに気づきます。気づけば気づくほど、他人や自分以外のものにも気づけるようになります。

相手が何を考えているのか?どんな性格なのか?直観が冴えるようになります。

自分の身体がどうしたらよくなるのか?悪くなるのか?そんなこともちゃんとわかるようになります。それは内なる気付きからもたらされるものなのです。

教祖様やマスターからもたらされるものではないのです。

自分の身体の感性を高めること。それがとても大切と考えています。知識や情報に惑わされて自分で判断できなくなっている人が多いです。

スピリチュアルな知識を勉強するのは悪いことではありません。しかし、いかに自分の生活に落とし込んで、自分の感覚を通じて判断できるか、ということが大切だと思っています。

当院のスタンス

当院は単に痛みを治してあげるというところではありません。むしろ痛みは治しません。痛みには痛みの存在する意味があります。その意味を尊重します。

そして痛みの原因は痛む部位にはないことがほとんどです。その人の痛みの原因にアプローチするとともに、ご本人にも様々なことに気づいて頂きます。

気づくことで日々の生活も変わりますし、人生が激変する方もいらっしゃいます。その人の本来の人生を歩むお手伝いをしています。

電化製品の誤作動-スピリチュアル的視点から考察

2017.03.21

電化製品の誤作動とスピリチュアル

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。

つい先日、PC作業中に突然PCの画面が見たことのないような画面になりました。ちょうど昔のテレビの画面が電波障害で砂嵐になったような感じでした。なったことのないのでとてもびっくりしました。

強制終了して再び起動したら元に戻ってて大丈夫でした。

そんなことが10日ほど前にありまして、昨日も同じような現象を体験しました。昨日はiPadで知人とやり取りしている最中に、急にiPadの画面が急点滅を始めて立ち上げていたアプリが勝手に高速で切り替わりました。

誰かが勝手にiPadを操作している感じでした。しかも超高速で。人間の指の操作ではありえないような凄いスピードでピコピコと画面が切り替わってとてもびっくりしました。急にそうなるので一瞬意味がわからずパニック気味になります(^_^;)

これらの現象は、単に機器の故障だったのかもしれませんが、どうも私自身に反応してそうなったような気もするのです。

PCの時は、マウスに触れて動かそうとした瞬間にそうなりました。iPadの時は知人とメッセージのやりとりをしていて、文字を打ち込んでいる最中にある思考を浮かべた瞬間に急に誤作動を始めました。

たまたまだったのかもしれませんが、電磁波のことを話していて電磁波について強くイメージした瞬間に画面が電磁波障害のようになったのです。だからとてもびっくりしたのでした。

私はiPadの画面を操作するときに、画面の表面の電界の層のようなものを感じます。意識していない時は何でもないですが、最初タブレットを使い始めた頃はとても気になったものでした。

画面にタッチするたびに「ぼわん」「ぼわん」と静電気のようなものを感じるのです。ヒーリング整体をするようになってからそういう気やエネルギーを感じやすくなったような気がします。

PC作業を長時間行っていると調子が狂います。頭痛がしたりだるくなります。自分と波長が合わない人やモノはすぐにわかるのでなるべく近寄らないようにしています。

ヒーリング整体をしている時、クライアントさんから「先生の手から何か出ている!」と言われることがよくあります。

「先生に触れられると、全身に何かが流れ出します」みたいなことも良く言われます。当院のヒーリング整体は自分で何かを流そうなどとは一切していませんので、自分ではよくわかりませんが繊細な手技を追究するようになって、そのように言われることがとても増えました。

もしかすると、手から何かが出て電化製品が反応しているということもあるかもしれません。でも幸い誤作動するくらいで電化製品が壊れたり、ということは今のところないので助かっています。

 

スピリチュアルの落とし穴

2017.03.01

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。スピリチュアルな世界のことを学び始めるととてもいい気分になります。見えない世界のこと知るのは純粋に楽しいですし、違った視点から物事が捉えられることで新しい世界が開けます。

しかし、気をつけないとスピリチュアルなことにも弊害があります。そんな弊害をいくつか紹介します。

スピリチュアルの世界の弊害

現実逃避

愛、調和、感謝、天使、やすらぎ、浄化、、、そのような言葉を聞くとホッとするかもしれません。それはそれで良いのですが、目の前の現実に対して向き合うことが嫌になったりします。

普段の生活が辛いからとスピリチュアルな世界に逃げ込んだとしても、根本的な解決にはなりません。一時的には楽になったとしても、表面的に目を背けただけではまた問題に悩まされます。いずれ自分自身と向き合わざるを得ないときが来ます。

無理なプラス思考

プラスの言葉を使い、プラスの考えをする。一見とても良いことのように見えます。しかし、ネガティブな感情を押し殺して無理なプラス思考をしていると、思考はプラスだけど実際の波動はマイナスの波動になります。

プラス思考を頑張ってしている時点でネガティブな波動も大きくなるのです。よってネガティブな現実を引き寄せることになります。

依存する

様々な物や人に依存する傾向があります。依存してしまうとそのモノや人に頼って生きることになります。自分の力が失われてしまいます。うまく活用できればよいのですが、頼る心が強いとそれは依存になってしまいます。

グッズに依存する

水晶、天然石、カード類、その他各種波動グッズの類です。それらを持つことや利用することは全く問題ありませんが、それがないと落ち着かない、不安だという気持ちになるとすればそれは依存していることになります。

実は私も20代の頃は様々な物やグッズを手に入れては一時的な安心感を得ていました。しかし、それがないと不安という状況が強まってきたことを感じ、徐々にそのようなものは手放しました。

占いに依存する

占いや鑑定の結果を参考にするのではなく、その結果に縛られてしまうのも問題だと思います。占い師や鑑定師の言ったことが絶対と信じてしまうと自分で判断できなくなります。

セラピストやヒーラーへの依存

占いへの依存と同様に、セラピストやヒーラーを尊敬するあまりに自分の感覚や考えよりもセラピストの意見を尊重してしまいます。適切な意見やアドバイスをもらえる場合はまだ良いですが、惑わされてしまうこともあります。

依存関係にさせず、精神的に自立することをサポートしてくれるようなセラピストと出会えると良いですね。

支配される

依存するのはこちら側の問題でもありますが、場合によっては支配されてしまうこともあります。例えばセミナーの講師がカリスマだった場合に、カリスマ講師の意見が絶対的となりちょっと考えればおかしいと思うようなことでも正しいことだと思えてしまうのです。

私も周りでそのような現象を見てきました。しかしそれはその集団や組織の内部にいる人達には見えにくいです。正常な判断が出来なくなり支配されていることに気が付かないのです。常に客観的な冷静な視点も持ちたいものです。

何かを強要されたり、支配を感じるような人や集団からは離れた方が良いですね。

自分が偉くなった気になる

スピリチュアルな世界の知識が増えると、自分が他の人よりも偉くなったような勘違いをすることがあります。またスピリチュアルな知識が豊富にあるほどに自分の霊性が高まると勘違いしている人もいます。

スピリチュアルな生き方をすることと、スピリチュアルな知識を持っているかどうかは本来何の関係もありません。

周りの人を見下す

自分がスピリチュアルな事を学び実践していると、必ずと言ってよいほどに出くわす問題があります。それは家族や周囲の人たちが三次元的な視点でしか物事を見られないことに対してイライラするのです。

スピリチュアルな集まりやセミナーに参加している時は気分が良いものです。しかし、現実の社会や家庭に戻り家族や周りの人達は相変わらずネガティブな発言を繰り返したり、他人の悪口を言ったり、不平不満をまき散らしたりしています。

そういう人たちを見ると自分より下のレベルの人と見下してしまう傾向があります。

エゴの強化

スピリチュアルな事を学び実践を通じてエゴを減らしていこうとする過程で、実はエゴを強化していることもあります。そもそも思考=エゴといってもよいくらいですから、頭であれこれ考えて何かをしようとしていることこそエゴなのです。

霊性を高めたい、スピリチュアルな生き方をしたい、と考える思考こそ実はエゴの声そのものなのです。

本物のスピリチュアルとは?

以上思いつくままにいろいろ挙げてみました。では本物のスピリチュアルとは何でしょう?言葉で表現するのはとても難しいですね。

今ここに存在して生きている時点でスピリチュアルな存在なので本来何もする必要もないのです。

とはいえ、実際にはもっと幸せになりたい、もっと楽に生きたいと望みを持ち、どうしたらそれが出来るかと試行錯誤する中でスピリチュアルな世界に出会う人が多いのではないでしょうか。

スピリチュアルな世界にもいろいろな分野があります。どれが正しくてどれが間違っているということもありません。本質的な事は一つですから、どんな分野でも突き詰めれば同じところにたどり着きます。

自然の摂理を知り本当の自分に還る道がスピリチュアルな道なのかなぁと思っています。

願望実現の落とし穴

2017.02.03

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。

願望実現

スピリチュアルと願望実現

目に見えないスピリチュアルな世界のことを学ぶをワクワクします。
たとえ今の目の前の現実が満たされないものであっても、スピリチュアルな世界を知ると夢や希望が湧いてきます。

そこで得た知識や情報を実践していくと、現実の世界も変化していきます。

私たちは肉体を持って肉体を維持してこの三次元世界で生活していかなくてはなりません。具体的には働いてお金を得て食べて生活していかなくてはなりません。

生きていれば当然良いことも嫌なことも起こります。自分でコントロール出来ないこともあります。むしろコントロールできないことがほとんどです。

そんな中でスピリチュアルなことに取組んでいくと、心や体が癒されたりします。ヒーリングやチャネリングによって人生が大きく変化することもあるでしょう。

私もスピリチュアルな学びを現実の世界に活かしてきました。意識の在り方と現実創造の仕組みを学びました。実践するとそれなりの成果も得られました。

ただ、成果が出た時もありますが思うような成果が得られないこともありました。

私たちは現実を創造していると言えます。どんな人でも思った通りが叶っているのです。自分はこんな人間でこんな人生だと思っていることがそのまま叶っています。

ここで大切なポイントは願った通りに叶っているのではありません。思った通りが叶っているのです。引き寄せの法則を実践してもうまく行かない人は、一生懸命願っているのです。

どういうことかというと、願えば願うほど願望は遠ざかります。「強く願う」という行為は裏を返せば「願いが叶っていない」という不満を宇宙に放出していることになるのです。

ここの部分の波動をうまく調整しないと願望は叶いません。逆説的ですが、むしろ願望を捨てたとたんに叶い出したりします。

スピリチュアルと現実逃避

現実があまりに辛いときにスピリチュアルな本やセミナーやヒーリングやチャネリングセッションなどに救いを求めることで、現実逃避になってしまうこともあります。現実を避けているわけですから、今の自分にNOと言っているわけです。

そのような状態ですと、一時的に心が軽くなっても現実がなかなか変化して行きにくいということもあります。

スピリチュアルな知識や情報を活用しながら、しっかり現実と向き合って現実を受け入れて生きていく。

一方、現実に目を背けてスピリチュアルな知識に逃げていく生き方。

どちらが良いとか悪いとかも本当はないのですが、後者の状態を長く継続しても現実は変わっていきません。今と同様の辛い現実が続きます。

逃げてはいけないわけではありません。あまりに辛いときには逃げたくなるものですし、逃げた方が良いときもあります。でもいつかは向き合うことが必要な時も来るものです。

現実に向き合うとは、自分自身に向き合うこと。自分の内面に深く気づいていくこと。不要な思い込みに気づき、一つずつ手放していくこと。

その過程で自然な癒しが起きてきます。

そして自然と願望が成就していく現実が待っていることでしょう。

アクセス情報

アクセス情報

所在地

〒983-0833
宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目8-20B

JR東仙台駅から徒歩3分

駐車場

2台完備

休診日

日曜、第2第4木曜