Blog記事一覧 > 人生 生き方 > ラブ、安堵、ピース-黒澤一樹

ラブ、安堵、ピース-黒澤一樹

2017.02.14 | Category: 人生 生き方

宮城県仙台市のヒーリング整体・やすらぎの杜整体院です。

今読んでいる本。

ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』
ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点 超訳『老子道徳経』

黒澤一樹(雲黒斎)さん

著者の黒澤一樹さんは雲黒斎というペンネームでも知られています。
人気ブログから本になったこちらも有名です。
あの世に聞いた、この世の仕組み
あの世に聞いた、この世の仕組み

サラリーマン時代に記憶障害を伴ううつを発症し、休職期間に飲んでいた薬の副作用で何と覚醒体験をして守護霊と対話が出来るようになったそうです。そしてその守護霊から聞いたことをまとめたのが上の本。

私もこの本と続編の本とか、あとDVDなども持っています。わかりにくいこの世とあの世の関係や仕組みを、とてもわかりやすく解説してくれています。

超訳「老子道徳経」

ラブ、安堵、ピースは2500年前に老子が書きのこした老子道徳経をわかりやすく解説したものです。普通は現代語訳みたいのをイメージすると思うし、私も手元に届くまではそういうイメージだったのですがいい意味で期待を裏切られました。

覚醒体験をしている著者だからこそ、老子が伝えたかった世界がはっきりわかっていると思うのです。それをわかりやすく文章化してくれています。わかりやすいだけでなく読みやすく面白いのです。

私は精神世界や、悟り系、非二元について書かれた本などもよく読みますが、この本に書かれていることもまったく同じであると感じました。本質の世界について書かれています。本質だから2500年前に書かれたものでもまったく色褪せないのです。

老子と非二元

非二元(ノンデュアリティ)と言われる分野のティーチャーが近年増えてきて、日本人でも非二元について語る人も多くなってきました。いわゆる「目覚め」「悟りの一瞥」を体験した人はすべてのものが一つのエネルギーであって、表現の違いに過ぎないということに気づきます。

ワンネス体験などとも言われています。近年のスピリチュアル用語のような感じもしますが、ずっと変わらない宇宙の本質です。だから老子が書きのこした道徳経の内容とも一致しているのですね。

とうてい言葉では表現できない世界だけれど、無理を承知で書いたそうです。(この本にもそう書かれています)思考では捉えきれない世界。だけど、はっきり理屈を超えてわかるときがくるそうです。

まだ読んでいる途中なのですが、とても良い本です。アマゾンでも注文できますが、私は出版社のアウルズ・エージェンシーのサイトから注文しました。著者の直筆サインがもらえます。

出版社の社長さんのブログ記事「アウルズを助けてください

 

 

 


アクセス情報

アクセス情報

所在地

〒983-0833
宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目8-20B

JR東仙台駅から徒歩3分

駐車場

2台完備

休診日

日曜、第2第4木曜