- Blog記事一覧 - 2017 2月の記事一覧

2017 2月の記事一覧

ホームには誰もいない-ヤン・ケルスショット著

2017.02.04 | Category: 悟り 覚醒 気づき

ホームには誰もいない という本を読みました。ジャンルで言うと悟り、気づき、目覚め、覚醒などの分野の本になります。ノンデュアリティ(非二元)という言い方も最近ではよく目にするようになりました。

ホームには誰もいない―信念から明晰さへ(覚醒ブックス)
ホームには誰もいない―信念から明晰さへ(覚醒ブックス)

著者のヤン・ケルスショットさんは7歳の時に「もし自分がいなければどうなっていただろう?」との疑問を持ったそうです。それがきっかけで後に究極の真理の追究へと繋がっていったらしい。

禅仏教やタントラ、アドヴァイタ・ヴェーダーンタなど東洋の叡智を追究して、トニー・パーソンズというこれまた悟りの教師的な有名な人がいますが、この人と出会って探求の終わりを迎えたそうです。

ちなみにタイトルにある「ホーム」というのは駅のホームではありません。魂の源のようなところ。本当の自分を追究してたどり着いたところには誰もいなかったという真理についてわかりやすく解説した本です。

そもそもこのような真理は言葉で表現することは不可能だと言われています。覚者、悟ったと言われている人達の本を読むととてももどかしい表現がたくさん出てきます。

「すべてはそれであった」「この宇宙にはそれしかない」等など。

「それ」、とか「これ」としか表現しようのないものなのでしょう。うまく言葉にできないもどかしさも抱えながら何とか言葉で表現しようと試みている感じが伝わってきます。

特に非二元の世界について書かれた本は難解で意味不明なものが多い印象がありますが、その中でもこの本は比較的わかりやすくこの世界の本質について解説されているように思います。

本の中では様々なワークも紹介されています。ワークを実践することでいつもと違った視点から世界が見えてきます。

悟りに修行は必要か

この本も近年出版されている覚醒した人々によって書かれた本も、悟りの為に修行は必要ではないと書かれています。昔の覚者、聖者のように必ずしも断食や瞑想や苦しい修行を繰り返して覚醒に至るという道を辿らなくてもいいようです。

日常生活の中で一般の人が悟ることも可能であるということなのです。この本に書かれているワークを繰り返しているうちに何かが起こるかもしれません。また覚醒に神秘体験が伴う場合もありますが、必ずしもそれが起こるわけでもなく、起こったから凄いとか何か意味があるとかということもないようです。

悟ることで、聖人君子のようになったり、一生悩みとは無縁に生きられるようになったり、問題がすべて解決したり、といったイメージも一般的にありますが、それらも単に思い込みが作りだした世界であり、悟りとは無関係の話です。

悟りに興味を持ち、その道の探究を始める人には二つの種類の人がいると聞いたことがあります。一つは今の苦しみから逃れたい人や願望実現の延長で悟りに興味を持った人。もう一つは真理の探究をしたい、本当の自分を知りたいという人。

私はどちらも当てはまるような気がします。いろいろな自己啓発や願望実現の本をたくさん読んで実践してきましたが、結局は幸せになりたいという最終目的にたどり着きます。

そしてどんなに自分の外側を物質的に豊かにしても、内面の幸せとは無関係であるとはっきりわかりました。もちろん達成感や満足感はありますが、それらは一時的なものでいずれ消えていくものなのです。

そこから究極の問題解決、究極の願望実現は悟りだ、思って真理の探究に興味を持ちました。本や動画などでそういう情報に触れるようになっていきました。

それに私は本当の自分を知りたい、人間とは何か、人生とは何かということに10代の頃から興味を持っていましたが、年々わかりやすい情報が増えて来てありがたいと思っています。

願望実現の落とし穴

2017.02.03 | Category: スピリチュアル

願望実現

スピリチュアルと願望実現

目に見えないスピリチュアルな世界のことを学ぶをワクワクします。
たとえ今の目の前の現実が満たされないものであっても、スピリチュアルな世界を知ると夢や希望が湧いてきます。

そこで得た知識や情報を実践していくと、現実の世界も変化していきます。

私たちは肉体を持って肉体を維持してこの三次元世界で生活していかなくてはなりません。具体的には働いてお金を得て食べて生活していかなくてはなりません。

生きていれば当然良いことも嫌なことも起こります。自分でコントロール出来ないこともあります。むしろコントロールできないことがほとんどです。

そんな中でスピリチュアルなことに取組んでいくと、心や体が癒されたりします。ヒーリングやチャネリングによって人生が大きく変化することもあるでしょう。

私もスピリチュアルな学びを現実の世界に活かしてきました。意識の在り方と現実創造の仕組みを学びました。実践するとそれなりの成果も得られました。

ただ、成果が出た時もありますが思うような成果が得られないこともありました。

私たちは現実を創造していると言えます。どんな人でも思った通りが叶っているのです。自分はこんな人間でこんな人生だと思っていることがそのまま叶っています。

ここで大切なポイントは願った通りに叶っているのではありません。思った通りが叶っているのです。引き寄せの法則を実践してもうまく行かない人は、一生懸命願っているのです。

どういうことかというと、願えば願うほど願望は遠ざかります。「強く願う」という行為は裏を返せば「願いが叶っていない」という不満を宇宙に放出していることになるのです。

ここの部分の波動をうまく調整しないと願望は叶いません。逆説的ですが、むしろ願望を捨てたとたんに叶い出したりします。

スピリチュアルと現実逃避

現実があまりに辛いときにスピリチュアルな本やセミナーやヒーリングやチャネリングセッションなどに救いを求めることで、現実逃避になってしまうこともあります。現実を避けているわけですから、今の自分にNOと言っているわけです。

そのような状態ですと、一時的に心が軽くなっても現実がなかなか変化して行きにくいということもあります。

スピリチュアルな知識や情報を活用しながら、しっかり現実と向き合って現実を受け入れて生きていく。

一方、現実に目を背けてスピリチュアルな知識に逃げていく生き方。

どちらが良いとか悪いとかも本当はないのですが、後者の状態を長く継続しても現実は変わっていきません。今と同様の辛い現実が続きます。

逃げてはいけないわけではありません。あまりに辛いときには逃げたくなるものですし、逃げた方が良いときもあります。でもいつかは向き合うことが必要な時も来るものです。

現実に向き合うとは、自分自身に向き合うこと。自分の内面に深く気づいていくこと。不要な思い込みに気づき、一つずつ手放していくこと。

その過程で自然な癒しが起きてきます。

そして自然と願望が成就していく現実が待っていることでしょう。

感情のヒーリング・EFTについて

2017.02.02 | Category: ヒーリング

感情ヒーリング 仙台市

当院では感情のヒーリングツールとしてEFT:Emotional Freedom Technique(エモーショナル・フリーダム・テクニック)を導入しています。

EFTはエネルギーワークの一つで、東洋医学の経絡の特定のツボを順番にタッピングしながら、抑圧された感情のエネルギーを解放していきます。当院の本家サイトでもEFTについて詳しく解説しています。

トラウマの解放

幼少時や、過去のトラウマの解放にもEFTは効果的です。特にはっきり覚えていることに関しては効果も出やすいです。

過去のある出来事を思い出すととても嫌な気分になったり、恐怖や不安などの感情が呼び起こされるとします。

EFTではその状況について、クライアントの負担にならない範囲で状況をヒアリングします。カウンセリングとは違いますから話したくないことについては一切話さなくてよいのです。

他人に話さなくても本人がその記憶にアクセス出来れば大丈夫です。記憶にアクセスしながら、その状況や記憶や感情に関係する言葉を唱えながら、タッピングを行っていきます。

タッピングと言うのは指で軽くトントンと叩くことを言います。特定のツボを軽くトントンと順番にタッピングしていくのです。EFTセッションの最中に感情が蘇ってきたり、涙があふれてきたりすることもあります。

当院のセッションでは涙を流す女性が多いです。普段抑え込んできた感情があふれてくるのです。感情エネルギーの解放が起こると心だけでなく身体も軽くスッキリします。

感情のヒーリング

感情というのは思考に反応して起こる身体の反応でもあります。そのエネルギーをしっかり感じて味わえば感情のエネルギーは解放されます。

しかし、感情を抑えたり我慢して十分に味わうことなく押し殺しているとそれは身体の内部に蓄積していきます。近年はそれが身体の痛みや症状の原因になるということも医学的にもわかってきました。

ですから、身体に症状が出ていても原因が抑圧した感情である場合には、身体に対する治療や施術を繰り返しても根本的な解決にはなりえないのです。

感情をヒーリングしたり、感情のエネルギーを解放していく方法はいろいろあります。EFTはとても優れた感情解放法です。安全で副作用もありません。

世界中で医師やカウンセラーやセラピストの間で急速に普及しています。従来のカウンセリングやセラピーと比べてもシンプルで学びやすく、効果も得られやすいので急速に世界中に広まっています。

やすらぎの杜整体院では2009年からEFTセッションを行っており、今年で9年目になります。セッション数も豊富です。メインはヒーリング整体ですが、心理的なストレスやトラウマを抱えている方にはEFTセッションもお薦めしています。

当院のEFTセッションは、自分でも出来るようにご指導していますので、セルフヒーリングツールとしてもすぐに使えるようになります。

アクセス情報

所在地

〒983-0833
宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目8-20B

JR東仙台駅から徒歩3分

駐車場

2台完備

休診日

日曜・第2第4木曜